当事務所の特徴

 

1.相続・遺言・後見分野に特化

行政書士とはいったい何をするんだろう?と思われる方も多いかと思いますが、昔は代書屋さんと呼ばれ、文字を書くのが苦手なご本人に代わって代書する仕事でした。今でも書類作成業務が主となりますが、これに付随するコンサルティング業務等が加わり、世の中が複雑・多様化した現在、行政書士が扱える書類の種類は、10,000種類とも言われています。これらの書類の中で当事務所は、「遺産分割協議書」や「遺言書」その他「任意後見契約」「死後事務委任契約」などのいわゆる終活関係書類作成に特化しています。

また、これらの分野に特化するということは、家族法などの法律・判例に精通していることはもちろん、税法・信託法や成年後見制度の知識も必要になってきます。

代表行政書士は、ファイナンシャルプランナーの資格を有し、家庭裁判所より法定後見人に選任され、常に実務と知識のアップデートに努めております。

2.経験・誠実性

都内法律事務所で事務員として15年間、行政書士登録をして12年間、本当に様々な相続、遺言、後見事案を手掛けてきました。遺言や任意後見契約、遺産分割協議書にしてもただ、書類を作っておけば良いというわけではありません。ご依頼者のお話に誠実に耳を傾け、将来のトラブル防止のためにしっかりした書類を作ることが行政書士の使命だと思っています。

専門家だからと言って、難しい専門用語を並べるのではなく、お客様に寄り添って、わかりやすく、サポート業務を行って参ります。

 

3.フットワークの軽さ

遺言や後見、遺産分割協議書作成の仕事は、確実性とともにスピードも大事になってきます。

当事務所は、駅徒歩1分とアクセスが良いので、勿論来て頂いても良いのですし、ご高齢者やお体の不自由な方はご希望がありましたらご自宅まで伺いますので遠慮なくお申し出ください(但し、遠距離になりますと実費として交通費を頂く場合がございます)。

4.他士業とのネットワーク

ご相談者様の抱えている問題は、複雑で多岐に渡ることもあり、行政書士1人で解決できるものだけとは限りません。

そもそも「弁護士?司法書士?行政書士?社会保険労務士?税理士?いったい誰に相談すれば良いのかわからない??」とおっしゃる方も大変多くいらっしゃいます。

そんな時はお気軽に「相談の窓口」として当事務所をお使い下さい

ご相談案件が行政書士に扱える案件でなかった場合、当事務所は責任を持ってご紹介できる弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士、土地家屋調査士が      

               います。

5.料金の透明性

専門家に依頼すると、気になるのが料金ですよね。一般的な方が普段馴染みのない専門的な事柄で大体○○万円なんて言われても、妥当かどうかよくわからないというのが本当のところだと思います。

当事務所に業務をご依頼頂く場合には、まずご本人から綿密な聴き取りを行い、その後、見積り・見積り内容のご説明をさせて頂きます(一部業務を除きます)。その上でご納得頂けましたら正式なご依頼となります(見積までの費用は一切かかりません)。

 

187-0045 東京都小平市学園西町1-20-20 葉山ビル2F

 

  電話:042-313-5830

  FAX:042-313-6890

営業時間(9時30分~18時30分) 

定休日(日・祝日)

E-mail:shima-gyou@sweet.ocn.ne.jp