お知らせ(2022.5.6)

 

現在、業務対応人員の不足から新規の案件の受任をお断りしております。

当面の間、これまで継続中の顧問先及び後見受任案件のみの対応となっております。

大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解をお願い申し上げます。

 

産業廃棄物 許可申請

 

産業廃棄物処理業(収集・運搬)許可については、産廃の積み込み場所、積み卸し場所それぞれの都道府県の許可が必要なことから、複数の都道府県知事へ許可申請を検討されている方も多いと思います。

 

日本全国で申請様式を統一してくれれば良いのですが、各都道府県によって書式や添付書類などが千差万別になっているため、それぞれの申請先の特色に応じて申請書類を作成する必要があります。

 

行政書士は、産業廃棄物処理業許可の代理申請が行えるので、ご依頼者様から委任状を頂き、当該申請にかかる一切の面倒な手続を代わりに行います。

 

また、当事務所は、許認可では産廃業許可申請を主幹業務としていますので、産廃関係法令の知識の習得、情報収集に力を入れています。

申請の代理だけではなく、ご依頼者様へのコンサルティング等もまた、当事務所の仕事と考えています。

 

 

古物営業許可を取得しましょう!

 

古物営業、リサイクルショップを始めるには、公安委員会の許可を得る必要があります。

 

古物営業許可は、一度取得してしまえば、産廃業のように更新の手続の必要はありません。

 

産廃の許可申請の提出書類と重複するものありますので、一緒にご依頼を受けることも多く、当事務所では、産廃業、古物を同時にご依頼頂きますと、報酬割引の対象にもなります。

 

産廃許可を考えられている業者の皆様、是非、古物商も同時に取得されてはいかがでしょうか。